ウォーターサーバーを比較するポイント

水を買う時代になって久しいですが、最近では災害対策としても注目されているウォーターサーバーが人気です。

安全な水を保存しておけるというのも魅力ですが、何といっても、いつでも冷水と熱湯を即座に利用できるというところがウォーターサーバーのよいところです。


人気の業界だけに多くの企業がこの分野に参入してきています。


それでは、ウォーターサーバーを比較するポイントはどのようなところになるのでしょうか。
まず、水の種類ですが、大きく分けると水道水をろ過したものと天然水に分かれます。水道水をろ過したタイプは、ろ過した水にミネラルなどを加え健康に配慮した飲料水となっており、水道水から作ったいるだけに低コストなのが魅力です。
天然水の場合には、富士山麓や南アルプス、あるいは大分県の日田水など特徴のある天然水を選択することができます。

コスト的には少し高くなります。

次の比較ポイントは、配送についてです。



ほとんどのウォーターサーバー業者が定期配送方式を採用しており、月に1~2度の配送をしています。



しかし、この場合だと利用者側から見ると毎月のノルマがあるのと同じです。

業者側からすると魅力的なストックビジネスとなりますが、利用者にとっては大量の水を使用する場合以外にはさほど魅力があるとは思えません。こうした中で、最近では定期配送ではなく必要な分だけをその都度注文できる業者も出てきています。
これら以外の比較ポイントとしては、使い捨てか回収タイプのボトルタイプ、サーバーの種類、使用電気料金などがあります。

ジョルダンニュース!の情報も多数ご用意しました。