弁護士に必要な人間的資質

弁護士という職業は社会的評価が高い職業です。ですから、若い人の中にはそうした表面的なものから弁護士を目指す人もいますが、そうした考えの人はこの職業の資質があるとはいえません。しかし、こうした表面的な理由からこの仕事を目指す人は実際に資格を取得する前に淘汰されるようなシステムになっています。一見しますと、学歴が重要視されるようなシステムに見えますが、実際は学歴だけではありません。弁護士は司法試験に合格することが必要ですが、まずは受験資格を得るだけでもかなりの費用と時間が必要です。

この段階でお金持ちだけが取得できる資格というイメージが持たれますが、実際は精神的な強さが必要です。人間はこれだけの長期間猫をかぶった生活をしていることはできません。「猫をかぶった」とは本来の自分の欲望を封じ込めて生活することです。確かに、お金と時間が必要です。そうしたことをクリアできる環境にいることは、即ち裕福な家庭環境ということになりますが、それ以上に精神的な要因が求められるのが実際のところです。

精神的なタフさとともに必要なのが教養です。教養とは単なる知識ではありません。机の前にかじりついて本を読んでいるだけの軽薄な知識ではなく、「ものごとの本質を見抜く目」のことです。これは机の前の勉強だけでは得られるものではなく、過去の歴史を学んだり現在の世の中の動きをしっかりと見つめることで養われます。社会的弱者に気持ち的に寄り添うことができる素養が必要なのはいうまでもありません。弁護士は法律の専門家ですが、それ以上に弱者の視線を持てる感性が大切です。

白髪染めのランキングなら
白髪染めを試してみよう
白髪染めのランキングを調べて若返ろう
スカルプDはお任せ
白髪染めのランキングを試してみよう